fbpx
Psychoro

パニック野郎と僕物語 第7話「お前は風邪か?」

作:橙野ユキオ

 

電話で上司に、「今日は欠勤したい。」という意思を伝えると、身体の不調はピタリと治まった。由美が話しかけてくる。

「今日は私も休みだから、病院に行こう。」

二人で彼女の部屋を出る。11月ということもあり、大阪の街は少し肌寒い。その寒さが胸の奥を揺らす。凄くうるさい様な、無音の様な、よくわからなくなった街を駅に向かって歩く。そんな中で、自分の心臓の音だけは、ハッキリと聞こえていた。

 

電車に乗り、内科の病院へと向かう。由美の見立てでは、免疫力が落ちて風邪をひいてしまったんじゃないか、とのことだ。僕は自分の身体のことが信用できなくなっていたので、由美の言うことを素直に信じた。それにしても、あいつは一体誰だったんだろう。何者だったんだろう。「俺はお前だ。」という言葉が頭の中をグルグルと回っていた。

 

内科で診察してもらうも、原因はわからなかった。身体は健康そのもの。原因がわからないことに由美は少しイライラしていた。

「おかしいなぁ。あんなに調子悪そうやったのに。今は元気になってるし・・・。」

看護師としてのキャリアが、現実を真実から遠ざけてしまったのかもしれない。この時は僕も、自分の身体のことがよくわからず、困惑していた。その後、僕のプロフィール欄に『パニック障害』という単語が書き込まれるのは、この時から半年も経ってからのことになる。当時は二人とも風邪だと思っていた。

 

その日は寮に帰ることにした。会社を休んで、彼女の家に居たとなっては都合が悪い。電車は僕を寮に連れて行く。次第に空気が重くなっているように感じた。

一覧へ戻る